節約したい!お金を貯めたい!【財布のひもがゆるい】21歳の私



ホーム
「財布のひもがゆるい」の語源
財布のひもがゆるいとか、財布のひもを締めるとか言いますが、
そもそも財布のひもの語源はなんでしょうか。

財布にひもなんてついていないですし、
それとも昔は財布にひもをつけていたのでしょうか。
当たり前のように使用していますが、意外と知らない方が多いでしょう。

実は昔は、お金はきんちゃく袋にいれていたのです。
きんちゃくの中にお金を入れて、入口を縛っていました。
今のようにファスナーがあったり、
ガマ口のようにかっちりと止められるわけではなかったのです。

そのため、縛っているひもがゆるいと、お金がこぼれ落ちてしまうことになります。
そのため、財布のひもがゆるい=お金を使ってしまうという意味で使われているのです。
また、きんちゃく袋は開かないように、
入口を縛った後、その紐で全体をくるくると巻きつけていました。
そのため、財布のひもを締める=財布があかないという意味で、
お金がだせないということになるのです。
こういった語源があるのです。

現代の財布は、簡単にお金をだせるように工夫しています。
財布のひもがゆるいと感じている場合は、
昔のように簡単にお金がだせないように、
縛ってしまうなどといったことが必要なのかもしれません。

私自身、お金の管理が甘いことはよーくわかっています。
いざという時のために、こんなところがあるのも一因ですね。
http://xn--lck0c6eya6bc0243cgda71de72epyd4q1bxuj.com/

とにかく節約したいのであれば、自分に厳しく!ということが前提ですね。

記事一覧
ホーム

どうして財布のひもがゆるくなるのか?

財布のひもがゆるい人の特徴

財布のひもを締めるにはどうすればいいか?

財布のなかに蛇の皮をいれるとお金が貯まるというのは本当か?



Copyright (C) 2015 節約したい!お金を貯めたい!【財布のひもがゆるい】21歳の私 All Rights Reserved.